男性器の手術をして中折れしないような勃起に修正できる

できれば誰にも知られずに治療したいですね。
そして、太っていたりEDであったりしても、別に命にかかわる病気
というわけではないから、病院へは行きにくいです。
そこにつけ込んで商売をする業者があとを絶たないでしょう。
「そうですね、究極の解決を望むのであれば、やはり手術ですね。
しかし、これはあくまで最終手段ではありますが」
クリニックの医師は微笑みました。
「手術って、どんな手術ですか?」
「これはですね、半永久的なものです。つまり器具を体内に埋め込む
のです」
またしても、大口を開けて、私は先生の顔を見ていました。
「ご存じないでしょうが、EDの研究では韓国はアメリカと並んで
先進国なのです。この手術はもともとアメリカで発明されました。
それを韓国でもやっているのです」
本来は交通事故などでセックスができなくなった人のための手術
だった。しかし、今では、障害者ではない人も手術を受けるのです。
先生が具体的に手術の内容を説明してくれるのだが、彼女が戸惑った
顔をしています。
「つまりその、男性器の下に袋がありますよね」彼女は私に言った。
「ああ、俗にいうキンタマっていうやつよね」と私は答えました。
それが正式には陰嚢ということは後から知った。
こちらに詳細があり⇒勃起サプリ精力回復なび~口コミでおすすめはこれ!
「ええ、その袋の中に器具を埋め込むそうです。玉の中心にボタン
があって、それを押すと勃起するっていうことらしいです」
「えええ?ボタンを押すって誰が押すのよ?」
「そうですよね。誰が押すんでしょうかえ」
先生に尋ねると、それは自分でもいいけれどパートナーもことも
あるらしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>